東京都足立区・葛飾区の出張スピード買取の遊遊市場買取センター

遊遊市場買取センター

査定ご相談疑問などなんでもお問い合わせください。

tel.0120-565-860

受付時間 10:00~19:30

スタッフ紹介

Staff

遊遊市場買取りセンターには中途半端で箸にも棒にも掛からないスタッフが勢揃いしています。当たり前のことが出来ない。例えば、九九が覚束ないとか、日本語がまだしゃべれないとか。時間が守れないとか。まぁ、でも、最低限、誠実にやっているつもりではいます。しくよろです~
※一部フィクションが含まれていますので、あらかじめご了承ください。

栃原つや 栃原つや
経歴

 大正13年生れ。最終学歴:金町尋常小学校卒田村弥吉、田村鶴の末っ子として千住大川町に生まれる。10歳の頃から家業の人形屋を手伝う。幼少の頃、近所のお婆さんから安政の大地震の話を聴いたことがある。20歳の頃、軍刀を下げていてカッコいいからという理由で栃原夏雄と結婚。2男に恵まれる。結婚後は内職で夫を支える。その後、家庭の主婦として生活。江戸っ子ならではのトーク力が孫の目に付き、90歳目前にして、アフロのカツラを被りラップを披露したり、youtubeで戦争体験語る。今は、サンキューレターの執筆等を担当する

チャンドラ・クマール チャンドラ・クマール
経歴

ネパール生まれて、日本にきたのは10年前です。空港に家族がきてくれたて涙がでたのをおぼえています。つぎに家族にあったのは6年たっていました。はじめて、日本でリサイクルの仕事をしたときはびっくりしました。まだ、使えるのに使わない。なぜですか?それは良くないことです。使えるなら使う、それが大事と思います。そんな気持ちで毎日、仕事します。ネパールには良い人たくさんいます。日本人にもたくさんやさしい人います。私の奥さんは日本人です。こんどネパールにきてください。

板倉修一 栃原正憲
経歴

 昭和35年生れ。初めての就職先の慰安旅行でスケベなコンパニオンに興奮する。その後、飲食店、バスガイド、芸能事務所、清掃会社など会社を転々とする。人当たりの良さは抜群。立石のリサイクル屋で暇をつぶしている時、栃原正憲と出会う。意気投合し、廃品回収業に参入。当初、廃品回収だけでは食べられず、マンションや団地のゴミを拾いフリマで売る作戦を考案。初回の実行は、栃原正憲と共に江東区免許センター前の公団で決行。2人とも流石に恥ずかしさで火を噴く思いだったその時、逆に『威風堂々でやろう!』と宣言。人様のゴミを拾う行為も当人の考え方次第では威風堂々とやることもできることを証明。圧倒的な人間力を見せつける。

堀松太郎 堀松太郎
経歴

平成26年生まれ。つやの曾孫。つやの元気の源。現在、日本語習得中。

栃原輝昭 栃原正憲
経歴

昭和20年生れ。つやの長男。両親に似ず、基本的に大人しい性格。特技は物覚えと歌。特に記憶力は強く瑣末なことまで正確に記憶する。運転中に前方を走る車のナンバーを覚えてしまうなど、覚える意味が全くないことも覚えてしまうなど行き過ぎの側面も強い。大学卒業後、就職するも10カ月で退職。以後、学習塾、不動産業、古本屋、マンガ喫茶、リサイクルショップ、コインランドリーなど色んな職業に手を出す。性格は大人しいが、基本的には相当の酒好き。家にある酒を飲み干すと最終的には料理酒まで手を出す。人生で何回も断酒を決意。断酒を宣言するとそれにまつわる川柳を作る場合もある。

栃原正憲 栃原正憲
経歴

昭和52年生れ。つやの孫。足立学園高校卒。東洋大学、東海大学など軒並み不合格となる。浪人する。無職で家でブラブラしていた友人宅でゴロゴロする。一浪後、城西大学に入学。埼玉県川越市にて一人暮らし。6ヶ月で除籍。理由は、一限目の必修の授業に寝坊して一度も出られず、実家に留年決定の手紙が届き両親に激怒されたから。両親からの仕送りを断たれ、朝霞市の製本工場でアルバイト、あまりの辛さに3日でばっくれる。勤労の大変さが身に沁みまだ学生の方がましと実感。親に謝罪して実家に戻る。その後、和光大学に入学。しかし、連日のように朝から酒を飲むんでしまう。結局、2年で8単位のみ しか取得できず除籍。その後、小学校の友人が店長をしているカラオケ店にアルバイトとして入社も3日でばっくれる。理由は閉店後、夜明け前に店内のソファーの掃除を命じられ、それが堪らなくダルかったから。その後、アルバイトとしてショットバーに勤務。休みの日に路上で文句を言ってきた男性と喧嘩し、殴られて前歯が折れ、接客ができなくなりショットバーを辞める。その後、実家で引きこもり、朝から飲酒。孫に朝から酒を飲ませたくない祖母(栃原つや当時73歳)と壮絶な言い争いをする。飲み出すと際限がなく歯止めが利かないアル中気質。アルバイトを転々とするも、23歳の時、雇われて働くことが無理だと悟り、自分でも出来そうな一番簡単な仕事として廃品回収業を未経験で始める。15万円でボロボロの 軽トラを購入。開業当時は、酒を飲みながら車を運転し仕事をする酷い有様だった。紆余曲折ありながらも低空飛行でかろうじて経営を続ける。その後、便利屋業などにも業容を拡大。夏の時期にはお客様の依頼を受けゴキブリ退治に精を出す。その後、ホームページを利用した集客が主な業務となる。

お問い合わせ